2014年9月11日(木)15:30〜
第1回 ハラールセミナー開催 終了いたしました。

佐々木良昭(ささきよしあき)

■演題 ハラールマーケット最前線
■講演者 東京財団 上席研究員

佐々木 良昭 先生 プロフィール
   
■主催 一般社団法人
  東日本経済研究所
     
■詳細 日時 :
平成26年9月11日(木)15時30分~
  場所 : 茨城県ひたちなか市新光町38番地 ひたちなかテクノセンター内大研修室
  参加費: ¥3,000-/人


参加のお申込み お問合せは、こちらまで ※〆切らせて頂きました。


※定員:先着順30人程度で締め切る予定ですので、
定員になり次第締め切りとさせて頂きますので悪しからずご容赦ください。
お申込みはお早目に!

開催後のご報告


佐々木良昭(ささきよしあき)2014年9月11日 (茨城県)ひたちなかテクノセンター大研修室にて、第1回 一般社団法人 東日本経済研究所主催セミナーを開催致しました。講演者は、東京財団 上席研究員の佐々木良昭先生でした。20億人市場と言われているイスラム経済圏でビジネスの拡大を目指す日本企業が増えている中、ハラル認証に対する関心が急速に高まってきております。こうした中、インドネシア、マレーシアなど東南アジアのイスラム圏から県内への観光客は増加傾向にある。県内の観光業や飲食店でも、イスラム教徒の人たちが食べることが出来る「 ハラル食品」に注目した動きが始まっています。

 この度、「ハラールマーケット最前線」の著者でもある、中東のスペシャリスト 佐々木 良昭 氏(東京財団)をお招きし、東南アジアを中心に認証制度の概要、国別のハラール認証制度や取得のポイント、活用事例などを分かりやすくご紹介いただきました。

 ハラールマーケット最前線 セミナーに、茨城の大手乾燥芋会社、茨城県、団体、金融機関や東京、島根県からもお越し頂きました。お忙しい中参加して下さった 皆様、ありがとうございます。

東日本経済研究所

<講演者紹介>
m_7280_img_4f5ae3a6e237c14cf1e963e47ce4df9d37162.jpg佐々木 良昭(ささき よしあき)
東京財団シニアリサーチフェロー
日本の国際問題評論家、イスラム圏研究者

【職歴】
昭和45年 大阪万国博アブダビ政府館副館長(1970)
昭和49年 アアラブ・データ・センター、ベイルート駐在代表(1974)
昭和51年 クウエート、アルカバス東京特派員(1976)
昭和53年 在日リビア大使館(1978)
昭和55年 拓殖大学海外事情研究所研究員(1980)
昭和56年 同上専任講師(1981)
昭和60年 同上助教授(1985)
平成05年 同上教授(1993)
平成08年 トルクメニスタンインターナショナル大学 名誉博士号授与
平成09年 埼玉大学大学院経済科学研究科終了、経済学修士号取得
平成14年 東京財団シニアリサーチフェロー(2002)

【著書(発行元、発行年月)】
『誰も書けなかった中東アラブ』(経林書房、83年10月)
『アラブの発想日本の発想』(アスカ出版、84年3月)
『リビアがわかる本』(KKダイナミックス、86年7月)
『日本人が知らなかったイスラム教』(青春出版、87年1月)
『イスラムを知らないと世界が見えない』(曜曜社、87年4月)
『日本人とアラブ人・ここが大違い』(文書ネスコ、87年11月)
『アラブ爆発』(ジャプラン出版、90年12月)
『中東がわかる本』(KKダイナミックス、91年1月)
『フセイン流戦略の深層』(フットワーク出版、91年1月)
『イスラムネットワーク』(ダイナミックセラーズ、01年11月) 
『ジハードとテロリズム』(PHP研究所、04年11月)
『革命と独裁のアラブ』(ダイヤモンド社、11年7月)
『これから50年、世界はトルコを中心に回る ― トルコ大躍進7つの理由』(プレジデント社、12年2月)
『「イスラム」を見れば、3年後の世界がわかる』(青春出版社、12年5月)
『サルより低い日本人の危機意識(Kindle版)』(インプレスコミュニケーションズ、13年2月)
ハラールマーケット最前線(実業之日本社、14年08月)

INFORMATION

side_03.pngside_03.png
side_02.pngside_02.png
side_04.pngside_04.png